おうちですごそう

[絵本]『ハリーのセーター』セーターが◯◯に大変身!「ハリー」の絵本第3弾

time 2015/11/23

こんにちは。スーザ(@ouchidesugosou)です。

今日は『どろんこハリー』の3作目、『ハリーのセーター』をご紹介します。今回も、ハリーの行動に終始ハラハラしっぱなしですよ。

DSC01472
『ハリーのセーター』 ジーン・ジオン/さく マーガレット・ブロイ・グレアム/え わたなべしげお/やく
福音館書店

関連記事

sponsored link

『ハリーのセーター』スーザのあらすじ解説

くろいぶちのある しろいいぬ「ハリー」に、おばあちゃんからプレゼントが届きました。ほかほかでハリーにぴったりのセーターです。でもハリーは気に入りません。薔薇の模様がついていたからです。

次の日、ハリーはなんとかセーターを捨ててしまおうとしますが、何度やっても失敗です。庭に座り込むハリー。するとセーターから毛糸が一本垂れているのを発見します。

少し引っ張ってみて、もすこし引っ張ってみて、どんどんどんどん毛糸を引っ張っていると、鳥が空から降りてきました。そして毛糸の端をくわえて再び空へ。するとセーターがたった一本のながーい毛糸になって鳥とともに飛んでいったのです。ハリーは大喜び。

ところが家に帰るとおばあちゃんから「もうすぐ行きます」というお手紙が届いていました。みんなでハリーのセーターを探しますが、見つかりません。ついにおばあちゃんがやってきました。

おばあちゃんとこどもたちと公園に出かけたハリーは、みんなを大きな木の下まで連れて行きます。上を見上げるとそこには…!?

読んであげるなら 4才から / じぶんで読むなら 小学校低学年から

『ハリーのセーター』注目ポイント

1.コロコロ変わるハリーの表情

今回はハリーの表情がコロコロ変わってとっても可愛らしいですよ。

  • 薔薇の模様のセーターを着せてもらったけど、浮かない表情のハリー
  • セーターを街の人達に笑われてぶすっとしているハリー
  • セーターをデパートに置き忘れたふりをしようとたくらんでいるいたずら顔のハリー
  • でもそれに気付いた人たちがセーターを持ってくるので、ムッとしているハリー
  • 鳥がセーターを持って行ってくれて大喜びのハリー

ページごとにハリーの表情が変わるので、読んでいて本当に飽きないです。個人的にはいたずら顔のハリーが好きです^^

『ハリーのセーター』見開き1
何やらたくらむハリー

2.セーターが毛糸に!!変化が楽しい

ハリーが、セーターから毛糸が垂れているのを見つけ、どんどん引っ張っていくシーン。はじめはセーターだったのに、どんどん形がなくなって一本の毛糸になってしまいます。

ただの毛糸になってしまったセーターの行方が気になりますが、最後はあっと驚く姿に変身していますよ。息子も不思議そうに見ていて、最後のシーンでは「あー!!これってハリーが着とったお洋服じゃない!?」と大興奮でした。

『ハリーのセーター』見開き2
セーターがみるみる一本の毛糸に

3.表紙と裏表紙に注目

物語の本文だけでなく、表紙と裏表紙にも注目です。

表紙では、気に入らない薔薇の模様のセーターを着てちょっと嫌そうにしているハリー。でもお話を読み終わって裏表紙を見ると、誇らしげな表情のハリーがいます。その時ハリーが着ている洋服を見ると…!?

もう一つ、表紙をめくってすぐのページには、おばあちゃんから届いたプレゼントの箱を嬉しそうに眺めるハリーが、さらにもう一枚めくるとプレゼントのリボンをほどいているハリーが描かれています。

本文以外のところでもたくさん楽しめるようになっていますので、注目してみてくださいね^^

おわりに

ハリーのセーターが一本の長い毛糸になって、鳥に持って行かれちゃった時は、「えーおばあちゃんのセーター、なくなっちゃった(((( ;゚д゚)))」とハラハラしました。でも本当に想像のつかない展開でのハッピーエンドに、息子も私も大興奮の1冊でした。

物語の最後、セーターがいったいどんな姿になっているのか、ぜひお子様と一緒に確かめてみてください^^

※絵本の表紙、見開き写真は、福音館書店ご担当者様の許可を得て掲載しています。

ブログ村に参加しています

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へにほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ

sponsored link

down

コメントする




このブログについて

グラニフ(graniph)アイテム

スーザについて

子育ての悩み

湿疹(アトピー)のこと

作家別―は行

プロフィール

e2203487-8851-4957-8296-788f162f15b6

はじめまして、スーザといいます。

3歳と1歳の兄弟の子育て中。子どもの頃母が寝る前に布団の中で絵本を読んでくれる時間が何より幸せで大好きでした。自分が母親になり、そんな時間を息子たちと共に出来たらと思い、絵本について勉強をし始めたら、再び絵本にハマってしまいました。

絵本について、子どもの遊びを邪魔しないおもちゃについて、白崎裕子さんのレシピについてなどの記事を書いています。

お問い合わせ

スーザへのお問い合わせはこちらからお願い致します。

sponsored link