おうちですごそう

スーザが選ぶ2015年の漢字は…!?

time 2015/12/24

こんにちは。スーザ(@ouchidesugosou)です。

先日、2015年の漢字に『安』が選出されましたね。そこで今日は勝手に
2015年の漢字 スーザver.
を発表したいと思います!!

sponsored link

スーザが選ぶ2015年の漢字は…!?

私スーザの2015年を漢字一文字で表すと、もうこれ以外には考えられません!!

こういう時って前向きな漢字を選ぶ人が多いのかもしれませんが、今年の私はこれ以外を選びようがありませんでした。

どーん!!!

kanji-2015
2015年スーザの漢字は『痛』

見るだけでなんだか「うっっ」とどこか痛くなってきそうなこの漢字を選びました(笑)

『痛』を選んだ理由

なぜ私がこの漢字を選んだのか、2015年を振り返りながら解説したいと思います。

次男の出産

『痛』を選んだ理由の1つ目は、次男の出産です。

そう、今年は人生のビッグイベントである2度目の「出産」を経験した、節目となる1年でした。2度目となると、出産の経緯を知っているだけに怖さ倍増。かなりビビって当日を迎えました。

分娩室で感じたことは、

「えっまじで!?こんな痛かったっけ!?聞いてないよー!!あっこれもう無理!!もう子どもは二人だー!!」

でした(笑)

さらに産声を聞いて安心したのも束の間、激しい後陣痛に襲われました。正直、予想してなかっただけに陣痛より痛く感じました。産んだ後に感傷的になる暇もなく痛みと戦っていました。

さらにさらに悲劇が私を襲います。出産は超安産だったものの、1リットル出血し、意識を失ってしまったのです。超楽しみにしていたカンガルーケアができず大ショック。

それでも私の元に可愛い可愛い天使が舞い降りてきた大切な一日となりました。

kanji-2015(2)

産後の生活がキツすぎて病気の嵐

産後里帰り中の実家から自宅に戻ってからの生活がどうなるのか。不安な点がいくつもありました。

  • 頼れる人がいない、夫と二人だけの育児
  • 2歳差の2人の育児
  • 夫の帰りは遅いし休みも少ない
  • 長男のイヤイヤ期と赤ちゃん返り

不安だらけの中2人の子育てが始まりました。すると夫の仕事が超多忙期に突入。夜勤だらけの日々に(泣)

そこからの私の記憶はほぼストップしています。

  • 妊娠中から悪化していた持病のアトピーがさらに悪化。顔・全身に。
  • 毎週のように発熱を繰り返す。
  • 長男の時には1度もならなかった乳腺炎に何回も。
  • 婦人科系の感染症
  • 偏頭痛の悪化
  • まさかの人生初中耳炎
  • 副鼻腔炎

これらを延々と繰り返し、あらゆるところの痛みと戦った1年となりました。

『痛』を踏まえての2016年抱負

ここまでくると私の2016年の目標は、◯キロ痩せる!!でもブログをたくさん更新する!!でも◯百万円貯金する!!でもなく、これ1つしかありません。

健康第一。平熱が一番!!

もう、健康って極上の贅沢ですよ!!健康でさえいられれば何でもできそうな気がします。自分はもちろん、家族皆がこうしてどこにも痛みを感じず毎日笑って過ごせているなんて、これ以上素晴らしいことはありません。それを忘れずに2016年を過ごしたいですね。

最後にちょっとお口直しを

年の瀬にこんな病気三昧の記事を書いてしまいました。そこで読んでくださった心優しい読者の方々のお口直しに、可愛らしい絵本を一冊紹介して終わります。

『いたいのいたいのとんでけ』

これは、長男がちょうど「いたいのいたいのとんでけ」を覚えて自分で使えるようになった時によく読んでいた絵本なんです。

お母さんに「いたいのいたいのとんでけ」をしてもらった子犬くんが、飛んでいった『いたいの』をあちらこちらに探しに出かけます。最後にやっと「見つけたっ」と思ったら、見つかったのは…!?

この絵本を読んでから、ちょっとした怪我の時は「あれっいたいのどこいった?あっちかな?ここかな?」と『いたいの』探しごっこをすると、息子が喜ぶようになりました。

お話の内容も、平出さんの絵もとっても可愛らしい絵本なので、『痛いこと』があった時にはぜひ思い出して読んでみてください^^

おわりに

今年はこんな漢字のチョイスになってしまいましたが、来年こそはもうちょっと幸せそうな漢字を選べる1年になるといいなと思います。

sponsored link

down

コメントする




このブログについて

グラニフ(graniph)アイテム

スーザについて

子育ての悩み

湿疹(アトピー)のこと

作家別―は行

プロフィール

e2203487-8851-4957-8296-788f162f15b6

はじめまして、スーザといいます。

3歳と1歳の兄弟の子育て中。子どもの頃母が寝る前に布団の中で絵本を読んでくれる時間が何より幸せで大好きでした。自分が母親になり、そんな時間を息子たちと共に出来たらと思い、絵本について勉強をし始めたら、再び絵本にハマってしまいました。

絵本について、子どもの遊びを邪魔しないおもちゃについて、白崎裕子さんのレシピについてなどの記事を書いています。

お問い合わせ

スーザへのお問い合わせはこちらからお願い致します。

sponsored link