おうちですごそう

[レシピレポ]白崎裕子さん『あたらしいおやつ』より「ピーナッツバターソフトクッキー」作ってみました

time 2016/10/23

こんにちは。スーザ(@ouchidesugosou)です。

2016年9月に発売になったばかりの白崎裕子さんの新刊『白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わない かんたんレシピ』の中から、「ピーナッツバターソフトクッキー」を作ってみました。

peanut-butter-softcookie
「ピーナッツバターソフトクッキー」

sponsored link

白崎裕子さんの「ピーナッツバターソフトクッキー」

新刊のにのっているおやつがどれも魅力的すぎて、どれから作ろうか迷いに迷っていたんですが…。ちょうど材料が自宅に揃っていて、あっという間に完成しそうなこちらを作ってみました。

ソフトクッキーということで、カントリーマ◯ムのような食感なんじゃないかと期待!!それではさっそく材料から紹介しますね。

準備した材料

今回「ピーナッツバターソフトクッキー」を作るのに準備しておいた材料はこちらです。

作ってみました

それでは作っているときの様子を。

倍量で作りました

本では6枚分の分量が掲載されていましたが、私はいつも白崎さん本のクッキーなどを作る時倍量で作っています(4人で食べるとあっという間になくなる&電気代節約のため)。今回も倍量にして、12枚分を一度に作ってみましたが、問題なくできました。ただオーブンの天板に並べる時けっこうぎゅうぎゅうになります。

こんな流れです

白崎さんのいつもの手順通り、

  1. 粉類をはじめに泡立て器で混ぜといて
    peanut-butter-softcookie2
    粉類を混ぜる
  2. その他の材料を混ぜる
    peanut-butter-softcookie3
    ピーナッツペーストとその他の材料を混ぜ混ぜ
  3. 油と水分を乳化
  4. 粉類と合わせて混ぜる
  5. 成形
    peanut-butter-softcookie4
    12等分→丸める→手でつぶす

という流れであっという間にオーブンへ。

このレシピのいいところは、焼き時間が15分と短いこと。白崎さんのクッキーはよく「160度で◯分→150度でさらに◯分」と二段階で焼くようになっていて、それが少し手間なんですが、、これは15分焼くだけ!!楽(笑)!!

焼けたら網の上でしばらく冷まして

peanut-butter-softcookie1

冷えてからみんなでいただきました。完成したのがこちら。

peanut-butter-softcookie
「ピーナッツバターソフトクッキー」完成!!

1枚1枚がけっこう大きめサイズなので、これ1枚で十分3時のおやつとして満足できました。食べてみたら本当にカントリーマ◯ムのようなしっとりした柔らかさでとっても美味しかったです。これは確実にリピート決定です!!

おわりに

今回紹介した「ピーナッツバターソフトクッキー」は白崎裕子さんの新刊『白崎茶会のあたらしいおやつ』に掲載されています。

慣れれば30分もあれば焼きあがるぐらい簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。これが米粉でできているとはとても思えないお味です。

sponsored link

down

コメントする




このブログについて

グラニフ(graniph)アイテム

スーザについて

子育ての悩み

湿疹(アトピー)のこと

作家別―は行

プロフィール

e2203487-8851-4957-8296-788f162f15b6

はじめまして、スーザといいます。

3歳と1歳の兄弟の子育て中。子どもの頃母が寝る前に布団の中で絵本を読んでくれる時間が何より幸せで大好きでした。自分が母親になり、そんな時間を息子たちと共に出来たらと思い、絵本について勉強をし始めたら、再び絵本にハマってしまいました。

絵本について、子どもの遊びを邪魔しないおもちゃについて、白崎裕子さんのレシピについてなどの記事を書いています。

よく読まれている記事

まだデータがありません。

お問い合わせ

スーザへのお問い合わせはこちらからお願い致します。

sponsored link