おうちですごそう

[絵本]『とっくんトラックうみへぶぶー』夏の海でもとっくんトラック大人気!!

time 2016/04/06

こんにちは。スーザ(@ouchidesugosou)です。

今日はいわむらかずおさんの「とっくんトラック」シリーズの中から『とっくんトラックうみへぶぶー』を紹介します。

tokkun-umi
とっくんトラックうみへぶぶー』 いわむらかずおさん ひさかたチャイルド

sponsored link

とっくんトラックうみへぶぶー』ってどんな絵本?

とっくんトラックうみへぶぶー』について、簡単に説明します。

シリーズ2作目

1作目の『とっくんトラックのはらへぶぶー』に続き出版されたこちら。シリーズ2作目の舞台は海です。

元気いっぱいの海の生き物たちが、とっくんの黄色いトラックに飛び込んできますよ。

とっくんトラックうみへぶぶー』あらすじ

とっくん、今日はトラックを引いて海へ来ました。波が寄せて引くたびに、かにや ひとで、とびうおまでもが「トラックにのせて!」とやってきます。

最後に現れたのは巨大な…!?

とっくんトラックうみへぶぶー』みどころ

とっくんトラックうみへぶぶー』の中で私が気に入ったところを紹介します。

海の人気者達が登場

今回登場する海の生き物たち。かにや ひとで、たこはわりと身近かなぁと思いますが、とびうおはちょっと珍しいかもしれませんね。

みんな踊りながら「トラックにのせて!」とアピールします。

かにが ちょき ちょき かに おどり。

ひとでが ちょん ちょん ひとで おどり。

とびうおが ぴら ぴら とびうお おどり。

今回もリズムの良い繰り返し表現で、小さい子もノリノリで楽しめます。

tokkun-umi(2)
たこおどり

憧れのあの生き物の背中に

最後に現れた巨大なあの生き物。かに、ひとで、とびうお、たこと比べ物にならないスケールの大きさに、子どもも大興奮です。

誰もが一度は背中に乗ってみたいと憧れるあれです!!ぜひ実際に絵本のページをめくって大きさを味わってみてください。

裏表紙、とっくんが砂浜であるものに座っているのですが、いわむらかずおさんの遊び心が素敵だなぁと思いました。こちらも要チェックです^^

おわりに

海で遊べる季節になったら、とっくんのようにトラックのおもちゃを持って行って、拾った貝殻や海藻、小さな生き物たちを乗せて遊ぶと楽しそうだなあと、この絵本を読みながら妄想が膨らみました。

海開きが近づいてきたら、何度も楽しみたくなる絵本です^^

※記事中の表紙・見開き画像はひさかたチャイルドご担当者様の許可を得て掲載しております。

sponsored link

down

コメントする




このブログについて

グラニフ(graniph)アイテム

スーザについて

子育ての悩み

湿疹(アトピー)のこと

作家別―は行

プロフィール

e2203487-8851-4957-8296-788f162f15b6

はじめまして、スーザといいます。

3歳と1歳の兄弟の子育て中。子どもの頃母が寝る前に布団の中で絵本を読んでくれる時間が何より幸せで大好きでした。自分が母親になり、そんな時間を息子たちと共に出来たらと思い、絵本について勉強をし始めたら、再び絵本にハマってしまいました。

絵本について、子どもの遊びを邪魔しないおもちゃについて、白崎裕子さんのレシピについてなどの記事を書いています。

お問い合わせ

スーザへのお問い合わせはこちらからお願い致します。

sponsored link